スポンサーリンク

このページでは、長万部産黄金毛ガニの紹介をしています

カニを食べたいが、ありきたりのズワイガニやタラバガニでは物足りない、もっと美味しくて珍しいカニを食べたいと思っていませんか?

毛ガニは、三大カニの一つですが、長万部さんの怪我には黄金毛ガニと言われて最高の毛ガニの一つです。

この長万部産の黄金毛ガニを一度は試してみてください。





毛ガニについて

カニの本場の北海道で、一番好まれて繰り返し食べられているかには、実は、ズワイガニやタラバガニではなくて毛ガニです。

というのも、毛ガニは、ズワイガニやタラバガニよりも、大変繊細で甘みがあるのでカニが持つ本来の味を楽しめるからです。

そして、毛ガニと言えば何と言っても、カニ味噌でしょう。

濃厚でコク味のある毛ガニのカニ味噌は、ほとんどカニ味噌が食べられないタラバガニは論外として、ズワイガニでも比較にならないくらいダントツで美味しいです。

甲羅からそのまま救ってカニ味噌を食べるのも良いですが、ほぐしたカニの身と絡めて食べるのもこれまた抜群です。

長万部産の毛ガニが黄金毛ガニと言われる理由

毛ガニは、噴火湾の長万部だけではなくオホーツク海でも獲れます。

しかし、カニの識者は、長万部産の毛ガニとオホーツク海のそれは全く別物だと言います。

繊維が立つくらいきめが小さく、素晴らしく甘味のあるカニ身と、たっぷり入った旨味が濃厚なかなカニみそは、長万部意外にありません。

また、茹で上がりの甲羅が黄金色に光り輝く様や、カニ味噌の黄色い色から、長万部産の毛ガニは、黄金毛ガニと言われるようになりました。


黄金毛ガニ


黄金毛ガニのカニ味噌

長万部産の黄金毛ガニが美味しいわけ

長万部は、北海道南部の噴火湾に面しています。

噴火湾沿岸には、名前からも分かる通り多くの温泉があります。

温泉革湧き出る多くのミネラル成分が、革などにより噴火湾に流れ込んでいます。

ミネラル分を多く摂取したプランクトンなどの餌を毛ガニが食べるため、長万部特有の美味しい黄金毛ガニとカニ味噌になるというわけです。

長万部産の黄金毛ガニの美味しい食べ方

一番美味しい食べ方は、ごくシンプルですが解凍してそのまま食べることです。

これだけで、十分黄金毛ガニやカニ味噌の本来の美味しさが満喫できます。

また、カニ酢で食べるのももちろん美味しいです。

日本酒がお好きな方は、甲羅酒がベストです。

食べた後の甲羅をアルミホイルで包み、日本酒を注いで温めてグツグツしたら出来上がり。

希少な長万部産の黄金毛ガニが手に入るのは美食市だけ

毛ガニの中でも、長万部産の毛ガニは特別です。

資源保護のため、カニ漁が厳しく制限されており、限定されて季節に沖合5kmまでしか漁ができません。

そのため、長万部で水揚げされる毛ガニは極めて漁が少なく、市場にもなかなか顔を出してくれません。

カニ通販の美食市では、長万部の菊田水産と交渉を重ね、長万部さん黄金毛ガニを独占的に提供されることに成功しました。

長万部産の希少な黄金毛ガニを提供できるのは、カニ通販の中では美食市だけです。

美食市の公式サイト 黄金毛ガニなら美食市

スポンサーリンク