舞鶴漁港のある舞鶴は、京都を代表する海の町です。

若狭湾周辺で捕れた多くのカニが舞鶴漁港に水揚げされており、特にカニのシーズンには、街が賑やかになります。

舞鶴漁港に水揚げされるブランドガニの「舞鶴かに」は、身も大きく舞鶴の冬の味覚として有名です。

西日本では最大クラスの海鮮市場などで、舞鶴のカニを楽しみましょう。


ブランドガニの舞鶴かに

京都の丹後半島北端にある経ヶ岬の沖合、水深約230mから300mのところに生息しているズワイガニで、舞鶴漁港に水揚げされたカニを「舞鶴カニ」としています。

いわゆる松葉がにと同じもので、舞鶴港水揚げのズワイガニのオスをブランド化したものです。

スワイガニのメスは、「コッペカニ」と言い、甲羅の幅は7、8cmほどでオスの約1/2の大きさです。

これはメスガ二が産卵後は、脱皮と成長をしなくなるためです。

道の駅 舞鶴港 とれとれセンター

舞鶴港とれとれセンター


道の駅 舞鶴港 とれとれセンター

所在地
京都府舞鶴市字下福井905
営業時間
9:00~18:00
休み
水曜日

舞鶴漁港で穫れた「舞鶴かに」などのズワイガニが並ぶ日本最大級の海鮮市場です。
京都府最大の水揚げを誇る京都府漁協舞鶴魚市場の鮮魚仲買人が4人で出店していますので、カニの新鮮さ、安さ、種類の多さはどこにも負けないとしています。

約1,600㎡の市場内には、「魚たつ」など3軒の鮮魚店があり、目の前に並べられているカニ、魚介などを、目の前で調理してもらい、その場で海鮮焼きやお刺身としてすぐ食べられるので大人気です。
新鮮なネタの寿司店、海鮮丼中心の食事処、舞鶴かまぼこやちくわなどの練り製品専門店、京都北部のお土産がそろう土産店、それに海鮮レストランもあります。

カニや魚介を焼き、刺し身に調理してくれて、その場で食べることができます。

市場内には、2ヶ所のイートインスペースがあり、各鮮魚店などで調理してもらったカニや魚などはここで食べることができます。

11月6日のカニの解禁後は、市場内はカニ一色になります。

舞鶴の冬の味覚をお楽しみください。

道の駅 舞鶴港 とれとれセンター内のカニ・鮮魚店

㈲岡田鮮魚店

舞鶴港に水揚げされた旬のカニ・魚をどこよりも安く販売しています。

㈱吉本水産

焼きサバを毎日店内で焼いています。

冷凍のカニは1年中販売しており、松葉がにも売っています。

とれとれ寿司もあります。

🈶魚たつ

鮮魚と干物が得意なお店です。

もちろん、舞鶴カニ、松葉がにも販売しています。

2018年は、この店が230,000円で舞鶴一番ガニを競り落としました。

舞鶴港 とれとれセンターのグルメ

とれとれセンターの中にも美味しいカニのグルメ店があります。

よしもと水産とれとれ寿司

カニを販売しているよしもと水産の寿司店です。

海鮮丼ととや

カニを含めて、いろいろな丼ものが楽しめます。

海鮮レストランととや

周辺と言っても、隣接しているのでとれとれセンターにあると思ってもいいくらいの店です。

海鮮がいただけるレストランです。

海鮮ハウス

海鮮のバーベキューを堪能できます。

とれとれセンターかにまつり

とれとれセンターかにまつり


とれとれセンターかにまつり

開催期間
2019年11月6日~12月16日
開催場所
道の駅 舞鶴港 とれとれセンター

カニ祭りで、特別なイベントはないようです。

豪華景品として、横浜や名古屋への旅行プレゼントやシェフグルメギフト券プレゼントなどがあります。

舞鶴港とれとれセンターに行けない方のために

京都府の舞鶴港やとれとれセンターなどは、実にカニファンとしては魅力的ですが、なかなか行く時間が取れない方やそもそも家から遠すぎるなどの理由で断念する方も多いと思います。

そんな方には、カニの通販をおすすめします。

松葉がにではありませんが、美味しいカニを実に安く購入することができます。

また、ネット販売ですから、時間はパソコンで注文するだけで交通費もかかりません。

じゃ、ネット販売のカニならどこでも良いかと言うとそういうわけでもありません。

失敗しないカニを購入するなら、販売実績が多く、人気のあるかに通販を選ぶのが最大のポイントです。

私は、当ネットの人気ランキングNo.1でもある「かに本舗」の三大ズワイガニ満足セットをおすすめします。

2019 おすすめカニ通販ランキング1位 かに本舗の人気カニ